フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Passion Chocolat 完成! | トップページ | 赤いおうち 完成! »

2009-09-04

赤いおうち その1

次の大物は何にしようかと悩みつつ、
前回書いた①やりかけ一色刺しを進めております。


「Bienvenue aux oiseaux」 by Sylvaine Lenoir
Free Chart from La PCB
Zweigart 18ct White Aida / DMC糸1色 使用
Stitch Count 135W×89H
2009.08.23~

フリーチャートですが
周囲の模様がなかなか凝ってて楽しい(≧∀≦)

日本のクロスステッチ本は有料なのに
簡単なデザインのものが多いように感じますが
海外はタダで「もってけドロボー」状態のフリーチャートなのに
凝ったものが多いと思います。

以下は私見ですが…

趣味の何かを始める時、いきなりネットでやり方を調べ、
海外から道具を取り寄せる…という方もいるでしょうが
私はまず国内で本を見たりして、下調べ&知識を仕入れます。
この時点で魅力を感じないと、
「興味はあるけど別にやらなくてもいいや」となってしまいます。
ここで言う魅力は
「初心者でもすぐに刺せてすぐ完成(簡単便利)」だけではなく
「おお、いつかはこんなのを自分で作ってみたい(夢は大きく)」もです。
日本のクロスステッチって、後者の部分が少な過ぎ(>_<)

もちろん凝ったものがないわけじゃないけど、ごく一部。
簡単に手に入るもののほとんどが
初心者向けで始まり、初心者向けで終了のようです。
クロス以外の趣味本は中~上級向けも充実してるのに
何ゆえクロスだけが永遠の初心者向け??
しかも、そのカテゴリーで頑張ってくれていた
雄鶏舎はなくなってしまったし…(T_T)

本来のハンドメイド大好きなボリュームゾーンは
おそらくネット利用が充実していない環境の方々ではないかと推測すると、
日本でクロスステッチがイマイチ盛り上がらないのも
「なるほど」な感じです。

盛り上がらない→出しても売れない→出さない→ますます盛り上がらない
うーん、なんだか今の日本の経済状態のようで
ちょっと悲しいキモチヽ(;´Д`)ノ

がんばれ!日本のクロスステッチ!!

« Passion Chocolat 完成! | トップページ | 赤いおうち 完成! »

Free Chart」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ♪
これ↑フリーチャートなんですか!?すごい素敵なデザイン☆
こういう感じ大好きです。
Yukkiさんのクロスステッチについての見解、全く同感です!
ほんとに、日本のデザイン?って、すべて初心者向けだし、
売ってるキットもすべて初心者向け。そりゃ海外のものに目が
いきますよね。
こうしてネットがあるから私もいろんな情報を貰えるけど、もし
ネットもなかったら・・・と思うと、この趣味には巡り合えてないと
思います。
ほんとに頑張れ日本のクロスステッチ!!ですね。

久しぶりに足跡を残していきますよ☆

アメリカの片田舎のスーパーでも普通にJust Cross Stitchが売られているのを見た時は、「土壌の深さ」の違いを見せつけられた気がしました。もともと日本になかったものを取り入れようとしているわけなので、インターネットの役割は否定しようがないのでしょうね。

むしろ、手芸本を作っている側の人が、もっとネットを見て勉強した方がよいのでは(ブログに頼りすぎる雑誌もいかがかとは思いますが)…と思うこともあります。なんかこう、「こじゃれた感」がほしいですよね。

こないだ面接で「日本のクロスステッチと海外のクロスステッチ」で
熱弁をふるってみた私が来ましたよw

趣味について聞かれたんで・・・w

Yukkiさんの見解、私も同感です。
なんでクロスステッチってやたら簡単なやつしか
出さないんでしょうね?
不二子さんシリーズくらいでは・・・
名画シリーズもあの粗さでは初歩っぽい印象ですし
なにより海外ものを知らない人に見せた時の反応を
見ちゃうと
「うーん やっぱりクロスステッチ後進国・・・」
と思ってしまうのですよー。

編み物、キルトは異様に凝ったのを見かけるのに
この差はなに!?
・・・と思いついたもの。
技量を誇示できない手芸だからかも・・・
編み物、キルトってぱっと見て技量の良し悪しやセンスが
判るんですよ。
クロスステッチって要求技術が簡単な分、刺し目や裏は
差が出ますが、基本的にどれも「根気があれば」
出来ちゃうもんですよね。
始めて数ヶ月の人がHAEDでも可能な訳です。
技術によるヒエラルキーが築けない点が人気のない
理由だったりしてw

まきさま♪

そうなんですよね、
ネットに依存しないと情報が手に入らないって
考えてみたらとても残念なことだと思います。
私もこのログを始めた最大の理由が
記憶障害対策(笑)と
「ネットでないとクロスステッチ情報がないし、クロス友もいない」
これが大きかったです。
日本の手作り文化は世界的に見ても見劣りしないし
本当にがんばってほしいと思いますよね!

torakoさま♪

お忙しいのにのぞいていただき、とても嬉しいです(^o^)

確かにどんな田舎でも置いてますよね。
ただ、アメリカは日本よりネットが広く普及しているので
本が手に入らない→情報弱者とはならないのが
ある意味うらやましくもありますが…

やはりtorakoさんのおっしゃるように
一番問題は消費者側(つまり私たち)ではなく、
生産者側の多く(一部をのぞく)が
全然ネット見ちゃいないだろう、という点かと。
だって海外デザイナーさん達の仕事を見たら
物を作る側の人は、やはり発奮すると思うんですよね。
どうもそこが感じられない(あっても少なすぎ)ように思えます。
日本にも「こじゃれた」デザインがたくさん出てきてほしいです!

りかさま♪(長いです)

りかさんの考察、鋭いかも!
確かにクロスステッチは特に教室に通わなくてもできるし。

でも技量の差って、私は少しはあると思います。
それは素材のチョイスだったり(布や糸の選択)、
キットやチャートの自己流カスタマイズだったり。
海外のブログを拝見すると、
「おおっ!ここまでやるか!」と声を上げるほど
自分流に変更したりしてる方をよく見かけます。
それでいてちゃんとセンスよくまとまってると「GJ!」という感じ。
その辺はやはり、情報量や歴史、経験の差なのかな。

日本では「糸色を変更したら著作権法違反」と考えるほど
生真面目な方もいらっしゃるようなので
そういう点ではおっしゃるように、差が出にくいですね。
「○○さんは、こんなに色を変えてるのよ」と
海外デザイナーさん自らがリンクして褒めているのを見ると
うーん、文化背景の違いかな、とも思います。
(本当は日本もそうなってほしい)

いずれにしても日本のハンドメイド好きさん達は
みな凝り性でとても器用。
だからそれに見合った日本オリジナル作品が
もっと出てきたら楽しいのにね。
(たとえば鳥獣戯画ステッチとかも)

ところでりかさんの「海外と日本のクロスステッチ論」
概略でもいいから聞いてみたいです~!

Yukkiさんのご意見、ごもっともです!
私が一番最初に刺したクロスステッチは、
国内メーカーのもので、小学校の時でした。
その後、数作作ったものの、なんだか同じようなデザイン、
風景画か、動物ものか、植物もの、
しかも小さくて難度が低いものばかりで、
すぐに飽きてしまったのです。
飽きたというのは、ステッチすることにではなくて、
そういうデザインをステッチすることに。
結果、十数年、大人になるまでクロスステッチはしたいけど、
良いデザインがない、という理由で遠ざかってました。
そして、ネットで初めてMIRABILIAを見たときの衝撃。
これだ!!と思いました。
クロスステッチなのに、表現が深く広くて、
難易度も高く、そして何よりこれが刺したい、作りたい!
と強烈に思わせるもの。
「刺繍」というと、日本では日本刺繍のイメージが強く、
それに比べてただXするだけのクロスステッチは初心者向け、
というイメージが強いのかな?とも思いますが、
Yukkiさんのおっしゃるとおり、様々な難易度、
デザインものを同時に紹介しれくれる媒体が身近にあれば、
もっとクロスステッチ友達が広がるのにな~と思います。

翠羽さま♪

本当にそうですね。
動物・花・風景と、あとせいぜいディズニー等のキャラもの。
日本のほとんどの市販品がそのどれかって
デザインの多様性が少なすぎ!(>_<)

一般的に日本の企業は
すごく保守的で無難なモノを量産するか
極端なアヴァンギャルドに走るか
どちらかがほとんどだと思いますが、
クロスステッチは前者の典型ですね。
(もちろん一部例外はありますが)

私もクロスステッチに興味を持ってはいたけれど
L&Lに出会わなければ
多分一生「クロスステッチは子供かオバさんの趣味」と
そこで終わっていたでしょう。

おっしゃるとおり、
日本でももっと間口が広がって、
たくさんのステッチ仲間が増えるといいな、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Passion Chocolat 完成! | トップページ | 赤いおうち 完成! »