フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Summer Blue その1 | トップページ | Country Village 完成! »

2011-04-27

Country Village その1

今年はちょこちょこ集めた
小さいチャートを消化しようと思っています。

で、こんなのを…


「Country Village」
(C) CEDAR HILL
Zweigart 36ct Edinburgh Linen Cream / DMC糸5色 WDW糸1色 GA糸2色 使用
Stitch Count 124W×33H
2011.04.18~

手持ちチャートには買ったものも、
いただいたものもありますが、
今回のこれは
アメリカの友人から贈られたもの。

 以下、いきさつは長くなるので興味のある方のみどうぞ
 (たいした話じゃないですよ)

 

 

以前に所用でアメリカへ行った時のこと。

1日だけ自由時間がとれそうだったので、
訪問先に近い町に住む友人と会うことにしました。

友人が住むのは特になんということもない
アメリカの田舎町。

そこで、時間つぶしも兼ねて
「近くに手芸関連の店があったら教えて」と頼んだのですが
「手芸にまったく興味ないため、そんなものは知らん」
と言われてしまいました。

まあ、本来の目的は友人訪問だったので
それはそれでしかたないとあきらめていたのですが、
出発前のドタバタの最中にいきなり
「○○の母ですが、
あなたの好みのクロスステッチデザインを教えて」
とメールが来ました。(その時点ではお母様と面識なし)

あまりにも唐突な内容。
しかも出発直前(成田で搭乗待ちしてる最中)のせいもあり、
「強いて言えば家モチーフが好き」とかなんとか
適当に答えたまま、その件はすっかり忘れておりました(^_^;)

滞在先ホテルでメールチェックしていたら
友人母から連絡がありました。

「この近くの店は小さくて、家のチャートは1点しかないし、
それは私が買ってしまったから、
わざわざ行く価値はないと思います」

あの~、お母様、
私は家のチャートを買いたかったわけではなく、
段染め糸を実際に手に取って買いたいだけなんですけど…
(もちろん、手芸店に行きたい理由は友人に言ってあった)
しかも1点あった在庫は買っちゃったのね(^_^;)

バタバタしているうちに所用も終わり、
いざ、友人宅へ。

するとそこには、メールをくれた友人母(友人とは別居)が
わざわざ出迎えのために来てくださっていて
さらに歓迎の手料理まで!!(^▽^)
(友人は手芸もダメだが料理はもっとダメ、と本人談)

友人母はにっこり笑って、
「はい、私はクロスステッチはやらないからプレゼント」と
このチャートを気さくに手渡してくれたのでした。

その後、別の手芸店へ連れて行ってもらい、
段染め糸も無事に買えました。

 
  ↑今回の話の流れとは何の関係ないミネストローネスープ in USA

それ以来ずーっと
いつかはステッチしなければと思ってました。

ちなみに友人母に、
今回、やっと贈られたチャートを刺し始めたと連絡したら
「それはとてもHappyだけど
どんなデザインかは全然覚えてないの、ごめんね」(意訳)
と、実にアメリカ人らしい明るい返事が戻ってきたのでした(^_^;)

« Summer Blue その1 | トップページ | Country Village 完成! »

Cedar Hill」カテゴリの記事

コメント

ママン~!!ww
その回答は実にアメリカンですw
唐突さも、プレゼントも仕方もアメリカンですw

段染め糸が手にとって見れるなんて…
日本じゃDMCのしか無いですよねえ。
三宮と箕面にはCaronがあるっぽいですが
どっちも電車で1時間強かかるんで遠すぎるw

チャートの思いで、楽しく拝見しました♪
お友達のママが、可愛くて素敵!
とっても温かいママなんでしょうね。
そう言う思い出のある品っていいですね。
こんど出来上がったら作品を見る度に
お友達のママが思い出されそう(*^_^*)

りかさま♪

やっぱりそうですか(笑)
アメリカンスタンダードじゃないかと思ってました。
アメリカ人、気はいいけど
詰めが甘いように感じるのは、気のせい?

ところで段染め糸、
関西だとシナモンさんのところなら
WDWとかGAとかも手に取って見られるのでは?
(行ったことないので噂ですが)

ravensaraさま♪

とてもフレンドリーで楽しいお母様でしたよ。
(いかにもアメリカのおばさんって感じ)

おっしゃるとおり、
ステッチしながらその時のことを
リアルに思い出しました(^_^)

親切なお母さんね(^m^)
美味しそうなスープはそのお母さんの作でしょうか?
ステッチ物に興味がある方なのかと思ったけど、
デザイン覚えてないんじゃ興味は無いのでしょうね、たぶん(^^;)

Atsukoさま♪

親切かつとても楽しい友人母でした(笑)
スープは残念ながら
アメリカのレストランのものです。
この時の友人母の手料理写真は
前に使っていたPCのハードがクラッシュして
なくなってしまったので
代わりにこれをのせてみました。

ちなみに友人母は
パッチワークキルトを作る方です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Summer Blue その1 | トップページ | Country Village 完成! »