フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012-10-25

Halloweenが近いので…

 


普遍的趣味の王道クロスステッチにも流行はあります。
QaukerとかSALを刺すとか、
その時々でいろいろですが
最近よく見かけるのがこのBarbara Anaさん。

確か前はCreative Poppyでのネット販売のみだった気がしますが
いつの間にか普通のショップで買えるようになっていました。

私はステッチに関しては
あまり流行に左右されない(単に手が遅いので乗り遅れてるだけ)タチですが
珍しくタイムリーにこちらを。


Title: Halloween
Design: Barbara Ana Astray Mendez
Copyright: 2012
Fabric: Zweigart Belfast 32ct Vintage Dune Linen
Threads: CC
Stitch Count: 171W×98H
Taken Time: 2012.10.15~

 


しかもHaloweenモノって無謀過ぎかも。

毎年のように多くのブログ友さんから
「間に合わないのでは?」と突っ込まれつつ
季節ものに手を出してしまうのはなぜでなんでしょう(^-^;)

 
…今回もまた間に合わないのでは?(不吉な予感)
→頑張ります!

2012-10-21

Cat's Eyes 完成!

 


完成しました~(^O^)


Title: Cat's Eyes
Design by: Roger W. Reinardy
Copyright: 1998 Janlynn Corporation
Fabric: Zweigart Zweigart 18ct Aida White (キット外)
Threads: DMC (キット同梱)
Stitch Count: 126W×164H
Taken Time: 2010.12.10~2012.10.14

 


この図案の猫ちゃんたちは、どれも目力があって魅力的。
BSが効果的で、瞳がくっきりすっきり。

キットでしたが同梱の布が14ctだったため
手持ちの18ctに変更しています。
 

とにかくもう、最後の背景の黒に飽きました(>_<)
しかも黒ベタって
ステッチが下手だとモロバレです。
かといって解く気力もないまま、
「なんかちょっとだけど、まあいいか」で乗り切りました(←いつもの)

完成後に洗濯してみたら
目が詰まっていい感じにごまかしがきき、
ほっとしてます(苦笑)

 

西洋では歴史的に
あまり良いイメージがなかった猫ですが
クロスステッチデザイナーやブロガーには大人気。

たくさんの方が「うちの子」の写真をアップしてますし
猫デザインもたーくさん。

猫はどんな描写より
実際の方がはるかに愛らしい動物の一つだと思うので
なかなか心が動きませんで。

そんな中でこのキットは
海外オークションで出会った瞬間に一目惚れ。
題名通り、猫ちゃんたちの目にやられました。
(廃盤品なのでオークションでしか手に入らなかった)

ほぼ1年かかっての完成でしたが
できあがって大満足~~( ̄▽ ̄)

 

そして気づけばクリスマス物について考える時期になりました。
少し前まで真夏だったのに、
もうクリスマスの心配かぁ~(;一_一)

でもその前に、今さらのHaloweenモノやってます。
間に合うのか?!

2012-10-09

Cat's Eyes その4

 


いったいいつが「その3」だったか
忘れるほど長い間放置していたキットですが
重い腰を上げて再開!


Title: Cat's Eyes
Design by: Roger W. Reinardy
Copyright: 1998 Janlynn Corporation
Fabric: Zweigart 18ct Aida White (kit外)
Threads: DMC(kit同梱)
Stitch Count: 126W×164H
Taken Time: 2010.12.10~

 


過去記事を見返すと、
ちょうど1年前にステッチしてたはず。
でも記憶からはきれいに消えております。
なぜ中断したのかすらも忘れちゃってるし…(笑)

オーガナイザーに糸をかけっぱなしだったので
完全に忘却の彼方というわけではなかったけど
どうも気が向かず、というのが放置の理由でした(;´▽`A``

 
ところが始めたらなんだか楽しくなってしまい
どんどん進んで3匹目登場となりました。

刺しかけが長期放置されてると精神衛生上もよくないので
(特にキットはなぜか気がとがめる)
このまま4匹目に進みます。


…で、今度は女王様が放置状態になるので
あんまり心は休まらないんですが…(タメイキ)

2012-10-05

星の銀貨 完成!



小さいものシリーズ第3弾は
ちょっと雰囲気の違う童話モチーフを…

日向で写真を撮ったら、なんだか光ってしまいました(^_^;)
でもその方が色がはっきり見えるので、このままで。


Title: Sternentaler
Copyright: UB Stickdesign
Fabric: Zweigart Belfast 32ct Linen
Threads: DMC, Kreinik

Stitch Count: 67W×67H
Taken Time: 2012.09.23~2012.09.29


刺すところは少ないけど似たような緑色が続き、
思ったより大変でした。
(ただでさえ緑は苦手)

布は濃紺指定でしたが
Linenの濃紺が手に入らなかったため
手持ちの濃いグレイです。
そのせいで少し色が沈んでしまい
ただでさえ同じような緑色の変化が全然わからない。
(トホホ、苦労の甲斐なし)

DMCのラメ糸は嫌いなので
別のメーカーのラメ糸に変更しています。

 

UB Stickdesibnは可愛い図案をたくさん出していたと思ったけど
いつの間にかほとんどお店から姿を消してしまいました。
もしかして廃業しちゃったのかしら?
ドイツのメーカーです。

ヨーロッパの東側は手工芸の素晴らしいデザインがたくさんありますが、
日本ではちょっと手に入りにくいのが残念。



「星の銀貨」はグリム童話の中の一編です。
内容は、
乞われるままに何もかも人にあげてしまった心優しい少女に、
神様のお恵みで星から銀貨が降ってきました、というお話。
(↑超簡略版)

グリム童話は日本でも有名ですが
実はかなり残酷な話が多いというのも最近は知られてきていまよすね。
さらにどの話もけっこう説教くさい。
というか、洋の東西を問わず
子供向きの昔話というのは多くが教訓たっぷりって感じで
今になって読むとそこがツライ(笑)

大人なのでそのあたりはさらっと無視し、
絵柄の良いところだけ楽しみたいと思います。


【追記】 本文中のUB Stickdesibnは誤りで正しくはUB Stickdesignです。
本文訂正はせず、追記しました(2012.10.08)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »