フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

UB Stickdesign

2012-10-05

星の銀貨 完成!



小さいものシリーズ第3弾は
ちょっと雰囲気の違う童話モチーフを…

日向で写真を撮ったら、なんだか光ってしまいました(^_^;)
でもその方が色がはっきり見えるので、このままで。


Title: Sternentaler
Copyright: UB Stickdesign
Fabric: Zweigart Belfast 32ct Linen
Threads: DMC, Kreinik

Stitch Count: 67W×67H
Taken Time: 2012.09.23~2012.09.29


刺すところは少ないけど似たような緑色が続き、
思ったより大変でした。
(ただでさえ緑は苦手)

布は濃紺指定でしたが
Linenの濃紺が手に入らなかったため
手持ちの濃いグレイです。
そのせいで少し色が沈んでしまい
ただでさえ同じような緑色の変化が全然わからない。
(トホホ、苦労の甲斐なし)

DMCのラメ糸は嫌いなので
別のメーカーのラメ糸に変更しています。

 

UB Stickdesibnは可愛い図案をたくさん出していたと思ったけど
いつの間にかほとんどお店から姿を消してしまいました。
もしかして廃業しちゃったのかしら?
ドイツのメーカーです。

ヨーロッパの東側は手工芸の素晴らしいデザインがたくさんありますが、
日本ではちょっと手に入りにくいのが残念。



「星の銀貨」はグリム童話の中の一編です。
内容は、
乞われるままに何もかも人にあげてしまった心優しい少女に、
神様のお恵みで星から銀貨が降ってきました、というお話。
(↑超簡略版)

グリム童話は日本でも有名ですが
実はかなり残酷な話が多いというのも最近は知られてきていまよすね。
さらにどの話もけっこう説教くさい。
というか、洋の東西を問わず
子供向きの昔話というのは多くが教訓たっぷりって感じで
今になって読むとそこがツライ(笑)

大人なのでそのあたりはさらっと無視し、
絵柄の良いところだけ楽しみたいと思います。


【追記】 本文中のUB Stickdesibnは誤りで正しくはUB Stickdesignです。
本文訂正はせず、追記しました(2012.10.08)